[ 叢 生 症 例 ] [ 開 咬 症 例 ]
矯正治療例はこちら >>
<歯並びが悪いと・・・>
1. むし歯や歯槽膿漏になりやすい(口臭が発生しやすい)
2. 良く噛めない
3. あごの成長、顔かたちに影響する
4. 口もとが気になる(コンプレックス)
5. 発音しにくい

矯正治療とは、単に歯をきれいに並べるだけのものではありません。
発音機能、咀嚼機能を正常にし歯をとりまく全ての組織の調和がとれて口元が美しくなり、心身共に健康になることを目的とした治療です。歯並びが気になる方は、まずは矯正治療の正しい情報を得るようお勧めいたします。セカンドオピニオンなども視野に入れ、矯正専門医から十分な説明を聞くことが大切です。矯正治療をしておけばよかった、あるいは治療をするかどうか迷っている方はどうぞお気軽にご相談下さい。
[ 治療前 ] [ 治療後 ]
矯正治療例はこちら >>
美しい口元の条件
歯並びや咬み合せに、目を向けたことはありますか?欧米先進国では歯並びや咬み合わせが整っていて口元が美しいことが社会人としてのステータスであると認識されています。ですから、歯並びが悪ければ矯正治療を受けるということが、日本よりさほど抵抗感なく行われているようです。それを裏付ける一例として、アメリカ映画にはよく矯正治療をしているキャラクターを目にします。記憶に新しいものでは、「ファインディングニモ」というディズニー映画の後半に「ダーラ」というユニークな女の子が、矯正装置をつけて登場します。その他の映画でもよく注意して見ていると矯正治療をしている登場人物をよく目にします。また、旅行などで海外を訪れると、矯正治療をしている人を日本より多い頻度で見かけます。これらのことから、矯正治療が特別なことではなく、普通のこととして広く受け入れられているということが理解できます。
  さて、日本ではひと昔にくらべだいぶ歯並びに対し意識するようになってまいりました。(芸能人を見ていると以前には八重歯があったのに今はないなど変化が見られます。)昨今、日本もますますグローバルな視野で何ごとにも取り組むようになってまいりました。欧米先進国に比べて、口元(歯並びや咬み合わせ)に対する関心のうすかった日本も、これからは口元が美しく健康であることがひとつのステータスとして認識されていくことでしょう。

 

歯並びだけでなく矯正治療することによって
口元も美しくなります。

治療期間:1年半
治療前
治療後