皆様は、数多くある歯科医院の中で「小児専門歯科」に対しどのような認識をお持ちでしょうか?
  小児専門歯科とは読んで字の通り、小児=子供の虫歯予防と指導・治療・正常な永久歯列交換(歯並び)への管理等を行う歯科医院ですが、大きな特徴は、治療方針、設備、治療法など、すべて子供のために工夫され、年齢に合わせた接し方、専門の知識と経験をもって診療に望んでいるという点です。
  例えば・・・小児の治療の場合、泣いて拒否して体を動かしたり頭を振ったりして、きちんとした治療(虫歯がきれいに除去できない等)ができず、危険さえ伴う場合があります。そのような場合でも小児歯科では専門の用具を使用し、安全に、きちんとした治療を行うことができます。

4〜5才以上になりますと、歯科用器具に慣れるための「トレーニング」など、スタッフが優しく働きかけることにより歯科診療への恐怖心も和らぎ上手に治療を受けることができるようになってまいります。(個人差はあります)
  乳幼児期(主に3才位まで)のお子さんは、やはり、泣いたり拒否したりする場合が多いのですが、当院ではむしろそれが当たり前であると考えております。虫歯と診断され、治療が必要な場合、いやがって泣いたり、拒否したら、お子さんをかわいそうに思って治療を見合わせたり、あきらめたり、治療を受けても治療中のお子さんの泣き声を聞いて不安になったり、保護者の皆様の様々な心情が伝わってまいります。そんな保護者の皆様のため当院では、インフォームド・コンセントを重視し、「個人指導」等を通して納得して受診していただけるよう努力しております。


ラバーダムと呼ばれるゴムをマスクのように装着し術野を確保します。
これから治療するよ!
名前を呼ばれるまで大好きなおもちゃで遊んでまってよう!
 
準備ばんたん。
これから治療するよ。
がんばるからね。ピース!
 

治療が終わったよ!
さっきの続き・・・お母さん、もう少し遊んでいい?

         
   
がんばって治療したから、シールとぬり絵をもらおうね! どれにしようかな?  
お母さんと一緒に歯磨きの練習だよ。
  歯みがきがんばったからごほうびのおもちゃをもらおうね。
 


機械の音や色々な用具
なれるためのトレーニングをしているよ。

虫歯をきれいになおしたよ
「あ〜ん!」
がんばったね。

個人指導の様子

 

1.レントゲンでは歯と歯の間に虫歯が確認されました。

 

2.みた目では診断しにくい虫歯です。

     
 
3.虫歯の部分をきれいに除去します。  
4.歯と同じような色の合成樹脂をつめます。

5.咬み合わせを調整して修復して終了です。


1.見た目にもはっきりわかる虫歯.。特に歯と歯の間の虫歯は深く進行しています。

2.削ると虫歯が神経まで達している状態。
   
3.虫歯の部分をきれいに除去し、くすりで裏装した状態。
4.神経処置をしたあと、合成樹脂をつめて修復します。
5.咬み合わせを調整して修復して終了です。



1.(術前)
前歯4本が深い虫歯になっています。本人も見た目を気にしています。
2.先に、向かって右側の2本を治療しました。
 
3.残った左側2本の治療です。虫歯の部分を削ると前歯の形態が失われます。
4.神経処置をして支台となる薬をつめます。
 
5.(術後)前歯4本の治療が終わりました。

 

 
さあ、これからお母さんは、虫歯を治すからね。T君、泣かないで待っててね!!
今、お母さんが治療中!お兄ちゃんといっしょに仲良く遊んでお母さんを待っているよ!ライオン歯科のお姉さんも感心してみています。
今日はお母さんの治療だよ!がんばってね、お母さん!
お母さんは治療中だけど、ピカチュウといっしょだから泣かないよ!
家族みなさんで受診されています。
口腔内写真やレントゲン写真を使ってカウンセリングをしてます。

当院では小児歯科診療の他、大人向けの診療も行っております。
  心当たりありませんか?
例えば・・・
  (1)歯ぐきがはれたことがある。
(2)歯ぐきから血がでる。歯ぐきが下がってきた。
(3)歯みがきをすると血がでやすい。
(4)歯がぐらぐら動く。口がくさいと言われた。

以上の症状がある方は歯周病の疑いがあります。
歯周病は、ばい菌が原因の病気です。歯垢・歯石は単に食べかすや、カルシウムの塊と思われがちですが、実はばい菌の塊で、それが歯ぐきや歯を支える骨に炎症(歯周病・歯肉炎)をおこします。Silent desease(静かに進行する病気)と表現する歯科医もおり、知らず知らずのうちに進行して、気がついたときには支える骨がとけてしまって歯が抜けてしまう事もあります。

歯肉炎   中等度の歯周炎   進行した歯周炎
   
炎症の原因である歯垢、歯石を取り除くことが治療の基本です。

一番大切なのは患者さん本人のブラッシングです。ブラッシング指導と歯石の除去を第一に行います。ですから、患者さんの協力なしではうまくいきません。歯石だけとっても改善しません。(歯がぐらぐらしていれば固定や噛み合わせの調整、必要があれば歯周外科処置をすることもあります。)
ブラッシング指導前   ブラッシング指導により改善した歯肉
 

 
ホワイトコート 塗布前   ホワイトコート 塗布後